施工実績

新規事業 NEW PROJECTS

IH(電磁誘導加熱)装置システム

IH装置システムとは

環境にやさしいテクノロジーでスルッと!簡単剥離

IH装置システムは、ノルウェーのRPRテクノロジー社が開発した「RPR1650(1032)システム」に、当社が製作した
「冷却水供給ユニット」を組み合わせた鋼橋の既存塗膜を剥離するシステムです。

※発電機や商業電源は別手配

IH装置の原理

クッキングヒーターと同じ原理で熱を生み出す

インダクションヘッド内の誘導コイルから、交流電流で電磁界を作り、金属に渦電流を発生させます。渦電流は、金属の電気抵抗成分により熱に変わり、誘導熱が塗膜と金属の界面接合を壊し剥離する原理です。

環境にやさしいテクノロジーでスルッと!簡単剥離

施工方法

STEP.1
画像

インダクションヘッドを既存
塗膜がある鋼材面にあてる

矢印
STEP.2
画像

既存塗膜の上を走らせ
誘導熱により鋼材を加熱

矢印
STEP.3
画像

界面破壊した既存塗膜を
スクレーパーで剥離

※既存塗膜の剥離後は、塗替え塗装仕様により素地調整の加工が必要になります。

IH装置3つのメリット

環境への影響低減と作業員の安全確保

環境への影響低減と
作業員の安全確保

粉塵の飛散を最小限に抑制し
有害物を含有する既存塗膜を
安全で衛生的に剥離。

作業スピードの効率化

作業スピードの
効率化

厚膜塗装でも1回の作業で塗膜を
面状に剥離することができます。
気温の変化にも左右されません。

産業廃棄物の低減

産業廃棄物の
低減

産業廃棄物は剥離した塗膜のみで、
廃棄物処分費を大幅に削減。

安全性の確認

NEXCO中国道市川橋の塗装塗替工事においてIH式塗膜剥離の試験施工を行い、安全性の確認を行いました。
詳細は「橋梁と基礎2020年6月号」をご参照ください。

①加熱温度の確認

IHヘッドの移動速度と加熱温度の関係は塗膜厚によるためあらかじめ施工試験を行って加熱温度が200℃を大きく超えないような施工速度を設定します。

産業廃棄物の低減
加熱温度を抑える施工速度

②鋼桁の変形やひずみの影響

IHヘッドによる加熱は帯状に連続させるのではなく、間隔を明けながら千鳥加熱を基本に施工することにより桁全体の加熱温度を抑えることができ、桁のひずみや変形も抑えられることが確認できています。

産業廃棄物の低減
変形やひずみを抑える

③粉じん濃度

アルカリイオン水霧吹き施工、桁間仕切りと送風・集じん機併用対策等により粉じん抑制を行います。粉じん濃度・粉じん鉛濃度はいずれも管理濃度より低い濃度で施工できることが確認できました。塗膜剥離剤による湿式施工と同程度の粉じん環境での施工が可能です。また、IH施工によるダイオキシンの発生はないことも確認できています。

湿式施工と同程度の粉じん環境で施工が可能
湿式施工と同程度の
粉じん環境で施工が可能

その他の用途

下地が鋼材であれば13mm厚までの被膜を剥離することが可能!

剥離可能な防食被膜

エポキシ樹脂系 / ウレタン系樹脂 / フタル酸樹脂系 / フッ素樹脂系/タールエポキシ系 / 水性塗料 / 耐熱塗料系 / ガラスフレーク系
軟・硬質ゴムランニング / FRP樹脂

鋼橋以外の主な用途

フェリー車両デッキ / 海上石油プラットホーム / 航空母艦デッキ/石油タンク / パイプライン / タワー / タンクライニング / 船腹

動画・資料






会社情報

事業案内

その他

採用情報 お問い合わせ MENU