施工実績

新規事業 NEW PROJECTS

JB-HABIS

高耐食鋼検査路ジェイビー・ハービス

JB-HABISとは

高耐食性鋼材ZAM®を材料として製作した橋梁用検査路です。

※「ZAM®」は、日本製鉄株式会社の登録商標です。
※「ZAM®」は、日本製鉄株式会社が開発した溶融亜鉛・
アルミニウム(6%)・マグネシウム(3%)合金めっき鋼板の商品名です。

JB-HABISの特徴 
(溶融亜鉛めっき検査路との比較)

ZAM®は、耐食性が溶融亜鉛めっきの6倍以上であり、塩害や亜硫酸ガスによる腐食にも強い材料です。

JB-HABISの被膜付着量は175g/㎡。
溶融亜鉛めっき検査路の被膜付着量HDZ55(550g/㎡)の1/3程度であるが、耐食性は溶融亜鉛めっき検査路の2倍以上に向上。

亜鉛めっきの表面保護被膜

粗く付着性に乏しい表面保護被膜ため、
腐食因子が透過しめっきの腐食が進行。

ZAM®の表面保護被膜

緻密で付着性が高いため、腐食因子の
透過を抑制し長時間にわたり高い耐食性を保持。

被膜付着量1/3で
海岸地帯でも抜群の耐食性。

塩水噴霧試験による赤錆発生時間

田園地帯・都市工業地帯における対応年数100年以上
(海岸地帯における耐用年数50年以上)

Graf

切断端面部の耐食性

緻密な亜鉛系保護被膜で耐食性アップ。

ZAM®の切断端面部は、犠牲防食作用によりめっき層から溶け出したMgを含む緻密な亜鉛系保護被膜で覆われるため、
一般部と同様に高い耐食性を保持します。

切断端面部耐食性発現機構
重量81%に低減

既設の溶融亜鉛めっき検査路からの取替え(既設の受台を使用)も可能です。

溶融亜鉛めっき検査路

ライフサイクルコスト50%削減

耐食性と軽量化によりコストを抑える。

初期コスト(~25年)

製品費は溶融亜鉛めっき検査路と同等程度となり
現場施工費は重量の軽量化に伴い低減されます。

更新によるライフサイクルコスト
(25~100年)

溶融亜鉛めっき検査路の耐用年数は25年程度のため3回の更新が必要です。対して、JB-HABISの更新回数は1回のためライフサイクルコストが50%程度に削減されます。

海岸地帯におけるコスト割合の比較

※都市工業地帯及び田園地帯においては更新が不要です。

Graf

JB-HABISの安全性

歩廊桁および手摺りに対しNEXCO試験方法に準拠した性能確認試験および衝撃載荷試験を実施し、
十分な安全性を確認。また、歩廊面には滑り止め加工を施しています。

手摺の衝撃載荷試験

手摺の衝撃載荷試験

取替歩廊桁の静的試験工事

取替歩廊桁の静的試験工事

歩廊桁の振動特性試験

歩廊桁の振動特性試験

動画・資料






会社情報

事業案内

その他

採用情報 お問い合わせ MENU