事業紹介
TOP > 事業紹介 > 鉄構・鉄骨事業

鉄構・鉄骨事業

日本橋梁株式会社の鉄構・鉄骨事業についてのご紹介です。

当社は創業当初より建物の骨組みとなる鉄骨の製作に携わっています。 建物は構造の種類により木造、ブロック造、鉄筋コンクリート造(RC造)、鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)、鉄骨造(S造)等に分類されますが、当社は、S(Steel)を使用したSRC造、およびS造の建物で中高層から超高層ビルや発電所等の鉄骨を主に製作してきました。

鉄構・鉄骨事業

主な実績

当社の創業は1919年(大正8年)7月ですが、その年の10月には早くも大阪毎日新聞社の鉄骨を受注しています。皆様にも馴染みの深いものでは、昭和6年の大阪駅鉄骨がありますが、今は大阪駅ターミナルビルとして増改築されその面影を見ることはできません。その他ハービスオオサカ、関西国際空港、成田国際空港ターミナルビルの鉄骨製作にも携わっています。

その他の鉄構事業

当社は、長年にわたる、橋梁、鉄骨など鋼構造物の製作技術をもとに、空港進入灯、造船船殻ブロック、沈埋函など様々な鋼構造物の製作を 手掛けており、今後も、あらゆる鋼構造物の製作に取り組んでまいります。

  • 広島空港進入灯
    広島空港進入灯
    揚重設備
    揚重設備
  • 那覇沈埋函
    那覇沈埋函
事業紹介 TOP